TOPスポンサー広告 ≫ ちょっと暗くなっちゃうけどゴメンナサイTOP日記 ≫ ちょっと暗くなっちゃうけどゴメンナサイ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

ちょっと暗くなっちゃうけどゴメンナサイ

昨日、
うとうとしながら深夜の桑田啓祐さんの
昭和のお笑いミュージック?的な番組を見ていたんです。

ユースケサンタマリアさんとの共演で
これがまた懐かしいローカルな香りのする
面白い番組でついつい見入ってしまったんです。


その
最後に
桑田啓祐さんがうたった歌、
谷川俊太郎作詞のこの歌が印象的でした。





1.
死んだ男の残したものは
ひとりの妻とひとりの子ども
他には何も残さなかった
墓石ひとつ残さなかった



2.
死んだ女の残したものは
しおれた花とひとりの子ども
他には何も残さなかった
着もの一枚残さなかった



3.
死んだ子どもの残したものは
ねじれた脚と乾いた涙
他には何も残さなかった
思い出ひとつ残さなかった


4.
死んだ兵士の残したものは
こわれた銃とゆがんだ地球
他には何も残せなかった
平和ひとつ残せなかった

5.
死んだかれらの残したものは
生きてるわたし生きてるあなた
他には誰も残っていない
他には誰も残っていない



6.
死んだ歴史の残したものは
輝く今日とまた来るあした
他には何も残っていない
他には何も残っていない



私、この詩を知らなかったんです。

一番を聞いて、

二番を聞いて、

三番を聞いて、、

どんなおちがあるのか、
何が言いたいのか、
マイナスなとっても怖い詩なのか・・

ドキドキしながら聞き入りました。


四番になって

死んだ兵士の残したものは
こわれた銃とゆがんだ地球
他には何も残せなかった
平和ひとつ残せなかった


そういうことか、
戦争は何も人に残さなかった、

あの時の
人々が生きた生き様を
うたった詩だったのですね。。


さすがは
谷川俊太郎。



考え込んでしまいました。


曲を聴きたい方はこちらから。
     ↓
死んだ男の残したものは


暗いからビックリしないでねグー!




とっても
辛い詩ですが


・・忘れてはいけない心




この詩を思い出せば
あの頃を生き抜いて下さった全ての方に
感謝の気持ちが生まれます。



今日もお天気、
心地よい日です太陽


青い空を見上げながら
今日も一日頑張ります!!





精一杯つないでいただいた命を満喫することを
誓ってみますBrilliant.



応援ありがとうございます。
ポチッ、これも大きな励みです♪

         ↓
     

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。