TOPスポンサー広告 ≫ 念ずれば花ひらくTOP日記 ≫ 念ずれば花ひらく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

念ずれば花ひらく

念ずれば

花ひらく

苦しいとき

母がいつも口にしていた

このことばを

わたしはいつのころからか

となえるようになった

そうして

そのたび

私の花が

ふしぎと

ひとつ

ひとつ

ひらいていった





今日はいきなり坂村真民さんの詩です。

いつもいつも私の心の切り替えをして下さいます。


『祈る』


自分の事を祈る
子供のことを祈る
家族のことを祈る
友人のことを祈る


自分が無力で何も出来ないとき、
‘祈る事なら出来る‘とせめて
その方のいる方の空を眺めながら
ただただ無事を祈っている事があります。


私がこうして祈り続けている事も
せめてあの方に優しく届きますようにと。


そしたらお気持ち少しは楽になるのかな?


私も
何度も色んな方に
きっとこうして祈って頂いて来たのでしょう。




さてさて
今日もひんやりする朝です。

新型インフルエンザは
娘の学校でも
息子の学校でも
いよいよ来たか!
ってほど感染が進んでいます。



みなさま
どうぞご無事で。

大きな事が起こりませんように。。



私はというと
昨日から随分体調が良くなって来ました手書き風シリーズ26ピース


少しずつたまっている
『やらなくてはいけないこと』を処理していかないと
実は大変な事になっています汗


今日も一日頑張ります!!



みなさま
素晴らしい一日でありますように太陽2


応援ありがとうございます。
ポチッ、これも大きな励みです♪

         ↓
     


Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。