TOPスポンサー広告 ≫ 学校選びは慎重に。TOP日記 ≫ 学校選びは慎重に。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments (-) | Trackbacks (-)

学校選びは慎重に。

まだまだ油断は出来ぬ寒さですが
今日はとても心地よい日差しです。


娘と息子はテスト前で
何だか我が家は落ち着きません



息子の通う学校と
娘の通う学校は

校風が全く間逆。


ちょーどいい感じに
それぞれに合った学校に入れて
本当に良かったと
胸を撫で下ろす今日この頃です。



娘の通う学校は
インターナショナルスクールなので
日本人離れした超自由な校風。



校則は

『上靴を履きましょう』

だけ



私服だしミュールもピアスもOK、
みんな自由にお洒落を楽しんでいます。

入学式のとき、
中学からの内部生に
モヒカンの男の子がいました



宿題もほとんど無く
勉強しなさいなんて一切言われません。


ただ、それだけに
自己責任の厳しさは痛感します。
置いてけぼりは一生そのまま
置いていかれます



お勉強の速度はベリ早です
参観日のときびっくりしました。


自由、ベリ早、
補習や注意一切なし。


学力や生活に問題があれば
大学の付属校とはいえ
大学へは入れてもらえません、
当然。


親的には
本当に恐ろしい学校です


変わったこと好きの娘には
ベリ早な勉強を除いたら
ちょうどいい感じの学校で
有難いと思っています。




そして息子の学校は
しつけの厳しい学校です。


毎朝早く

『今卓球してるねん!早く行ってするわ!』


とえらく張り切って言うから


おおそうか、
楽しんで来いとばかりに
のんきに毎朝送り出していたら、



廊下で卓球するなんて

と学年主任に呼び出し注意を受けたらしい。


まぁ、派手にやっていたんでしょうが


それにしても
卓球位、、っと呑気かな、私



普通に男の子?してるだけで
すぐ何かと問題児化してしまって
お恥ずかしいやら
それくらいいいやんかやら



私の兄三兄弟なんて
もっともっとはちゃめちゃ
やったよ。

どうすんの。



しかし
これまたこっちはこっちで
有難い。


提出物出さないと
とことん追いかけてでも
出させてくれる。



忘れ物王の息子には
本当に有難い話です。



この忘れ物息子が
姉の学校に入っていたら
今頃どんなことになっているやら。


いい加減が定着し
どんな大人になっているでしょか



幸い今のところまだ無いけど
補習もとことんやってもらえるようです。
安心です


型にはめられるの大嫌いな娘にも
息子の学校だと楽しくないんだろうな。



学校によってこんなに
校風が違うということを
はじめて身に染みています。




成長期の子供たちへの
影響は大きいかな




姉校の教育(ほっておくという教育)
自由→自立心→個人それぞれ自己責任の下強い力を身につける



弟校の教育(見逃さない教育)
しつけ→たくさんの人としての常識を知る→常識的な大人になる




それぞれの教育方針は違います。




みんな違ってみんないい




学校選びは慎重に。




みなさまは
どっちがいい??




私の性格だと、、



自己分析するに

自由の方かな




Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。